仏壇仏具の翠雲堂は上野・浅草仏壇通りに3店舗/仏壇展示数 1000本以上!
お仏壇の種類

唐木仏壇

木材の木目の美しさをそのまま生かしたお仏壇です。

「唐木(からき)」とは、その字の通り、奈良時代に唐(中国大陸)から日本へ渡ってきた木材の事で、本来は、黒檀、紫檀、鉄刀木などのみ「唐木」と呼んでいましたが、現在の「唐木仏壇」という呼称は、それ以外の木目の美しい木材も含めたものとなっています。

木目が美しく、硬くて重いのが特徴で、耐久性にも優れています。

「東京仏壇」「徳島仏壇」「静岡仏壇」など、唐木仏壇の名産地名で呼ばれる事もあります。
銘木を使用していることから「銘木仏壇」とも呼ばれています。

唐木仏壇に使用されている主な木材は、黒檀(こくたん)、紫檀(したん)、鉄刀木(タガヤサン)、カリン 、桑、欅、屋久杉、黄王壇(きおうたん)、槐(えんじゅ)、パーロッサなどがあります。

塗仏壇/金仏壇

桧、杉などの材料を使用し、表面を漆や化学塗料で塗装します。
内側には金箔や金粉を施します。
蒔絵、漆塗り、彫刻、金具など、日本の伝統工芸技法を駆使して作られており、豪華さが特徴です。
金仏壇の内部は、各宗派の本山寺院の本堂(内陣)を模している為、宗派により造作が異なります。

家具調仏壇/モダン仏壇/新型仏壇

家具調仏壇は、洋間、洋室(リビング)、フローリングのお部屋に合うようにデザインされたお仏壇で、モダン仏壇とも呼ばれます。

現代風のおしゃれなデザインが特徴のお仏壇です。

家具調仏壇で使用されている木材は、ウォールナット、ナラ、米ダモ、楡(にれ)、チーク、メープル(楓) などがあります。